ジュニアスイマーの練習方法

今日はジュニアの練習やトレーニングについて少し書こうと思います。

人間の身体は各部位ごとに段階を経て成長していきます。身体全体が同じように成長するわけではありません。

ジュニアのスイマーを指導する方はその事を頭に入れておく必要があるでしょう。

だいたい8歳くらいまでは脳の神経細胞の発達が著しいのでこの時期は泳ぎこむというよりもスキル練習などの基礎を取り入れたほうがいいでしょう。

しかしこの時期は集中力が持続せず、多種多様な刺激を求めるので、練習内容に工夫が必要です。遊びを通して基本的な動きを覚えるような練習がいいと思います。

9歳~12歳頃は身体の各部位を動かせるようになってくるので、自分の動きをコントロールできるようになってきます。

一つのスポーツに特化せずにいろいろなスポーツを経験させるほうがいいでしょう。

13歳頃からは心肺機能の発達が得られやすいので持久的なトレーニングを行うといいと思います。この時期から泳ぎこみなどを取り入れていく必要があります。

15歳からは筋力の発達が顕著になるので、ウエイトトレーニングを取り入れたりパワーやスピードを向上させる練習メニューを導入する時期でしょう。

また専門的な練習やトレーニングを中心にしていくといいと思います。

 

わかりやすく書いたつもりなので専門的な知識が抜けているかもしれませんが、要は子供の練習メニューは工夫して変えなければいけないという事です。

これにプラス心理的な発達もくわえなければいけないのでジュニアの指導者は大変です。

心理的な発達についてはまた改めて書きます。

 

体験トレーニングのお申込みとお問い合わせはこちらのフォームよりお願いします。

http://www.bodytococorodelabo.com/trial.html

 

こちらのメールでのお問い合わせも受け付けております。

トレーニングや身体に関する事の相談こちらへ。

sk8er-boi-jun@hotmail.co.jp

カテゴリー: 指導方法 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>