マスターズ水泳で自己ベストを出すにはどうすれば良いか?

多くのマスターズスイマーを指導してきて、一つの確信があります

 

それは50代のスイマーでも60台のスイマーでも70代のスイマーでも適切に陸トレを行えば、タイムは伸びるということです

 

ほとんどのマスターズスイマーは陸トレの重要性を認識していません

 

もう若くないから自己ベストを更新するのは無理だと初めから思い込んでいる人がとても多いのです

 

それはただの思い込みです

 

無理なのではなく、タイムを伸ばす方法を知らないだけなのです

 

例えば、年を重ねてくると身体のあちこちが固くなってきます

 

そして次第に肩や腰も痛くなってきます

 

でもそれは歳のせいではなく、適切な陸トレやストレッチを行っていないからです

 

30歳を超えるとはっきり言ってプールの中の練習のみではすぐに頭打ちになります

 

それどころかタイムは低下し、怪我もしやすくなるでしょう

 

マスターズスイマーがタイムを伸ばす鍵は陸上のエクササイズにあります

 

しかしそれは一人一人に合ったプログラム内容でなくてはいけません

 

自己流やフィットネスクラブでスタッフに教えてもらったトレーニングはおススメしません

カテゴリー: スイマーの感覚, スイマーの筋力トレーニング, スイマーの腰や肩の痛み, マスターズスイマーのドライランド, 速く泳ぐための考え方 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>